通信処理作成時の動作確認に使えるWebAPIのお試しサイト

other

Androidアプリ開発の学習のために通信処理を作成したのですが、簡単に叩けるWebAPIはないかなと困っていたことがありました。
GETの確認は、ローカルサーバを立てれば簡単に確認ができるのですが、POSTの確認が簡単にできませんでした。。。

参考までに、Macで1コマンドローカルサーバーを立てる方法は以下の記事になります。

ローカルのWebサーバを立て方
コマンド一発でローカル環境でWebサーバを立てられます。このとき、コマンドを実行した際のパスがドキュメントルートになります。起動後は でアクセスできます。Pythonのバージョンによってコマンドが少し異なるため、2ケース記載しま...

httpbinでお試し

インターネットで少し調べていると、素晴らしいWebサービスを見つけましたので備忘録として残しておきます。
それがhttpbinです。

httpbin.org

こちらは、GET/POSTだけでなくPUT/DELETE/PATCHのHTTPリクエストも確認することができます。
また、URLを変更することで画像のダウンロードのリクエストができたり、ステータスコードを500エラーや400エラーをサーバから返却させることもできます。
なので、エラーケースの動作を確認することもできちゃいますね。

使い方

ベースのURLに対して少し書き加えることでGET/POSTの確認ができます。
ベースのURLは https://httpbin.org または http://httpbin.org でOKです。

今回は、Androidアプリの記事ではないため、curlコマンドで残しておきます。

GETメソッド

ベースのURLに/getをつけてリクエストを送信するだけです。

$ curl -X GET "https://httpbin.org/get"
{
  "args": {}, 
  "headers": {
    "Accept": "*/*", 
    "Host": "httpbin.org", 
    "User-Agent": "curl/7.64.1", 
    "X-Amzn-Trace-Id": "Root=1-5fec3f06-6cb338490a896b15792e54df"
  }, 
  "origin": "XXX.XXX.XXX.XXX", 
  "url": "https://httpbin.org/get"
}

POSTメソッド

ベースのURLに/postをつけてリクエストを送信します。

$ curl -X POST "https://httpbin.org/post"
{
  "args": {}, 
  "data": "", 
  "files": {}, 
  "form": {}, 
  "headers": {
    "Accept": "*/*", 
    "Host": "httpbin.org", 
    "User-Agent": "curl/7.64.1", 
    "X-Amzn-Trace-Id": "Root=1-5fec3fa5-3168262c74a7050a4760fef4"
  }, 
  "json": null, 
  "origin": "XXX.XXX.XXX.XXX", 
  "url": "https://httpbin.org/post"
}

-d でデータを送信することも可能です。
(ヘッダーの追加も可能)

$ curl -X POST "https://httpbin.org/post" -d "id=hoge"
{
  "args": {}, 
  "data": "", 
  "files": {}, 
  "form": {
    "id": "hoge"
  }, 
  "headers": {
    "Accept": "*/*", 
    "Content-Length": "11", 
    "Content-Type": "application/x-www-form-urlencoded", 
    "Host": "httpbin.org", 
    "User-Agent": "curl/7.64.1", 
    "X-Amzn-Trace-Id": "Root=1-5fec4110-7e251eea6fa4e4e2017204a2"
  }, 
  "json": null, 
  "origin": "XXX.XXX.XXX.XXX", 
  "url": "https://httpbin.org/post"
}
タイトルとURLをコピーしました