ローカルのWebサーバを立て方

other

コマンド一発でローカル環境でWebサーバを立てられます。
このとき、コマンドを実行した際のパスがドキュメントルートになります。
起動後は http://localhost:8080/ でアクセスできます。

Pythonのバージョンによってコマンドが少し異なるため、2ケース記載します。

起動と停止方法

Python 3.x系の起動

$ python -m http.server 8080
Serving HTTP on :: port 8080 (http://[::]:8080/) ...

Python 2.x系の起動

$ python -m SimpleHTTPServer 8080
Serving HTTP on 0.0.0.0 port 8080 ...

停止

control + cで停止します。

Python のバージョン確認

Pythonのバージョン確認は以下のコマンドです。

$ python -V
Python 2.7.16

使い方

コマンドで起動後は http://localhost:8080/ でアクセスできます。
Androidのエミュレータや端末からアクセスする際は、localhostの部分をPCのIPアドレスを指定することで接続可能です。

コマンドを実行した際のパスがドキュメントルートになるため、実行したパスのディレクトリリストが表示されます。
後はよしなに。

タイトルとURLをコピーしました